自分にしかできない仕事が見つかる。アイデアを形にできる場所。

GSC株式会社 メディア運用ディレクター
吉岡 麻里(Mari Yoshioka)

新卒でアパレルメーカーに入社し大手百貨店にて勤務。その後、指定自動車教習所のフロントスタッフを経て2018年にGSC株式会社に入社。新規事業部に配属され、自動車教習所に通学する教習生向けスマートフォンアプリ「SOUDA」の運用担当兼同アプリ内ニュースメディアの企画・運用を担当。

一日のスケジュール

10:00 出社 / メールチェック / 一日のスケジュールチェック

yoshioka01

出社後はメールチェックと一日のタスクを確認。社内システムで一日のスケジュールを確認し、優先度が高い業務から取り組んでいます。

11:00 新規事業部ミーティング

yoshioka02

自社アプリのメディア運用に関するプロジェクトの打ち合わせをグループ会社のライターを交えて打ち合わせ。社歴などは関係なく、それぞれの担当者がアイデアを出していきます。

12:00 情報収集

企画している業務内容の情報収集。マーケティングのため参考情報を調査し、プロジェクトメンバーと意見交換。その後、収集した内容に基づいて資料を作成していきます。

13:00 ランチ

yoshioka03

オフィス周辺には様々な施設があります。同僚と一緒に外に出てカフェでランチを楽しんだり、テイクアウトのランチを購入したり。
オフィスのすぐ側にある渋谷キャスト前には曜日ごとにフードトラックが立ち並び、毎日違うジャンルのランチが楽しめます♩

14:00 自社メディア記事作成 / データ分析

SOUDAアプリ内のニュースに掲載する記事を作成します。自動車教習所に通う若年層に合わせた内容を意識し作成していきます。
そのほか、過去の記事の閲覧数などを洗い出し、ニーズの高い記事を参考にして今後の作成に役立てています。

15:00 外出 / 移動

yoshioka04

16:00 お客様と打ち合わせ

アプリを導入していただいているお客様の教習所へ訪問し、現在の状況や課題点、追加依頼について細かく対応していきます。
直接お会いすることで、お客様の声を形にすることができる私にとって大切な時間です。

17:00 帰社 / プロジェクトメンバーへフィードバック

帰社後、持ち帰った情報をプロジェクトメンバーに共有します。 課題点は都度相談し、実現できるものから取り組んでいきます。 また、社内システムで今後のタスクを整理します。

19:00 翌日のスケジュール確認 / メールチェック

yoshioka05

19:30 退社

退社後は、たまに買い物をしたり、同僚と食事に行き親睦を深めたりしています。

未経験のIT業界に入り最初は不安でしたが、入社後の教育やその後のサポートで基礎をしっかり身につけることができました。
新規事業は任される領域が広く、責任の重い仕事です。自ら積極的に考えながら業務を行う必要がありますが、自分のアイデアが製品やサービスの一部になったときに大きなやりがいや達成感を感じます
「自分にしかできない仕事」がある事は私にとって大きな自信と活力になっています。